隠居歳時記

もう隠居? 否、自分流の隠居道を探求中!

師・先輩・同期・後輩

EOSの日_親父共と現役の共演/古き良き国士舘時代を懐古する!

令和4年11月(2・)3日(木) コロナ禍ではあるが、国士舘大学楓門祭が3年ぶりにリアルに開催された。 11月3日は昭和前期までは「明治節」(明治天皇生誕日)として、明治天皇の遺徳を偲び明治時代を追慕する目的で制定された祝日であった。小生が入学(S48)…

赤坂の夜は更けゆく!

令和4年10月31日(月) この日(昨日)、溜池山王駅から程近い「アレグリア赤坂」で、小生が、もう50年も前からのつき合いになる藤川晋之助氏の「第二の人生を励ます会」が開催された。 国士舘大学に同期で入学したが、年は一級上。通常同期で入学すると年が…

宇田川兄の葬儀で思い起こされる新生応援団の草創期のこと!

資料が無いままに書いている。 記憶違いがあればご容赦願いたい。 国士舘大学応援団が創部されたのは、恐らく文系の学部では最も古い政経学部が開設(S36年)された以降であろうと思う。とすると、小生が所属した言道部とほぼ同じ時期になるだろうか。 その…

国士舘OB列伝_応援団長宇田川久雄君! 安らかに眠れ!

まずは上の写真をご覧いただこう。 以前、本ブログの別稿(リンク参照)に掲載した写真である。 昭和61(1986)年3月、国士舘皇居勤労奉仕団はじめ各奉仕団が、皇居宮殿北車寄(きたくるまよせ)にて、天皇陛下(「昭和天皇」)の御私謁を賜った場面である。…

林田先輩の著書(自分史)に見る国士舘大学国防部の淵源について

先日、福岡県在住の林田俊一先輩より、ご著書(「感動感謝 ~我以外皆我師~」)をご恵贈いただいた。 林田先輩は、国士舘大学法学部の4期先輩であり、小生が入学した昭和48年の3月に入れ替わりで卒業された。その後、本学経済学研究科(修士)及び亜細亜大…

一期一会!

令和4年9月29日(木)昼 於.銀座アスター「プティシーヌ町田」 小生退職後、仲間うちの小さな会合には年に複数回参加しているが、写真のようなまとまった人数による会合への出席は初めてのことかもしれない。 しかも幹事は池田先生と小生。 主賓は大西貫也先…

鎮魂!_戦後77年「終戦の日」に靖国神社に詣でて!

8月15日(月)朝 靖国神社での待ち合わせ時間に遅れないように準備をしながらも、産経新聞の「終戦の日」関連の記事には時間をかけて目を通した。 一面を見ると署名入りで榊原智氏の記事(リンク参照)が掲載されていたが、その肩書きが論説委員長となってい…

同期生紹介!_土佐の高知より県政報告あり!

大学時代の同期生から郵便物が届いた。 過日、彼は志を以て中学校の「熱血教師」から高知県議会議員に転身し、以来、定期的に県政報告を送ってくれるのである。 この年になると人間関係も変遷を重ね、消息のわからなくなった同級生や先輩・後輩も多い。それ…

国士舘OB列伝_あの悲報から32年(三十三回忌)! 国防部OB田中崇志先輩を偲ぶ!

▼田中崇志遺稿追悼集「日本の子」 前回の投稿から2週間以上が経過した。 重いブログテーマと向き合っていて筆が進まなかったことと、もう一つは現在関わっている町内会ホームページの充実化に対応していたことがこの空白の理由である。 後者についてはご関心…

YouTube番組で川和高校時代の同級生発見 !?

例えばウクライナ情勢について詳細な情報を得ようとするとき、地上波の報道は全く満足いくものではない。BSの反町氏(フジ)や松原氏(TBS)などのかなり纏まった時間の報道番組などはまだましな方だが、それでもゲストやコメンテーターの発言に傾きを感じた…

押入に眠っていたビジネスバック復活!

現役時より鞄(ビジネスバック)を愛用してきた。 現在もショルダーバックを日常使いしている。 なんで?と思われるかもしれないが、家の中で部屋を移動する時、このバックも一緒に移動する。何時もバックが手元にあるのだ。 何が入っているのかと言えば、ス…

5月15日に寄せて_沖縄の祖国復帰50年に思う!

実は47都道府県の内、沖縄県のみ訪ねたことがない。 もう一県、宮崎県にも行ったことがなかったが、何年か前、グループで大学の先輩を訪ね、ようやく当地を踏んだ。(余談だが、鬼の洗濯板で有名な青島神社に参拝し、夜間、漁船の船縁で飛んでくる飛び魚を網…

斉藤立(たつる)君 全日本柔道選手権 優勝! 我が家で祝杯!

一昨日(4月29日)、途中までBS放送で全日本柔道選手権を見ていて、番組が地上波に切り替わる頃、ちょっと所用でテレビ観戦を中断したので結果を知らなかった。 翌朝、新聞紙面を見ると「斉藤 初の親子日本一」「剛柔兼備の20歳 世界切符」の文字が躍ってい…

祝・高野敏春教授ご定年!_先輩と出会った昭和48年の国士舘を振り返る!

昭和48(1973)年のことを書こうとしている。 小生にとって昭和48年がどのような年であったか…。 第一に、国士舘創立者柴田徳次郎先生が逝去(1月26日)された年である。 小生、昭和48年入学組であるが、入試日が1月下旬(27日か28日?)であり、受験当日、…

酒と肴_横浜「キリンシティ」で一献!

▼「キリンシティ」横浜モアーズ店 久しぶりに元同僚の伊井兄(空手道部OB)からLINEがあり、日曜日(2月27日)の昼に待ち合わせることになった。 二俣川(運転免許センター)で免許更新とのことで、それならばと相鉄線起点の横浜駅のキリンシティ(横浜モア…

恒例の国士舘OB有志による忘年会を開催!

昨日(R3/12.11)、八重洲地下街の居酒屋で恒例の国士舘大学OB有志による忘年会を開催した。 いつからこの会が始まったか?、遙か昔のことではっきりとした記憶ではないが、恐らく30年近い歴史を刻んでいるのではないだろうか。 いつも通り我がメンバーの話…

酒と肴_昭和の風情を色濃く残す横浜「野毛」で一献!

昨日(11.20)、今年引退した元同僚伊井兄の誘いで野毛(のげ)に繰り出した。 伊井兄は、やはり元同僚マー君(現役)の作品(ボールペンArt)が出展された美術展(伊勢崎町)を訪ねた帰りとのことである。 本日のお目当ては野毛通が厳選する、野毛で絶対に…

国士大楓門祭における法学会講演会の事前収録に立ち会って!

▼国士舘大学正面(中央図書館)& ZOOM収録中の藤川氏_R3/10.27撮影 昨日の令和3年10月27日(水)は慌ただしい一日であった。 午前10時、お花茶屋四ツ木斎場で営まれた親友来丸秀男君の葬儀に出席し(詳細は別稿参照)、悲しみに暮れたのもつかの間、午後か…

国士舘OB列伝_我が親友・来丸秀男大兄の彼岸への旅立ちを見送りて!

▼来丸大兄遺影(お花茶屋四ツ木斎場) 本日(R3/10.27)、来丸秀男君(10.21逝去)の葬儀に参列させていただいた。 故人は家族葬を希望されていたそうで、当初はその予定であったようだが、コロナ禍、お見舞いもなく一人で闘病生活を送った故人が最後ぐらい…

昨年の今日(R2/10.17)_新宿にて担当学生達(法22期生)と酒を酌み交わして!

コロナ禍の、昨年の今日(令和2年10月17日)のことである。 かつて担当した学生達と卒業後もたまに宴席を囲んでいるのだが、昨年の会は、出席して始めて小生の退職を祝う会(写真上・下)であることを知り、大変感激に浸った一夜であった。人生における大切…

詠進歌3_締め切り直前、推敲と添削を経て漸く清書に至る!

▼「詠進歌」清書(墨書)! 令和4年歌会始のお題は「窓」である。 詠進要領は宮内庁ホームページ(リンク参照)のとおり。 詠進の期間はお題発表の日から9月30日までとなっている。例年のペースであれば、8月末日ぐらいまでには推敲を重ね、先輩であり和歌の…

国士舘OB列伝_「仏像を刻む心」鈴木善一先生との出会い(S60/8.4)

▼鈴木善一先生著書『これからの日本 風雪五十年』(見返しに武者小路実篤氏の賛詞と棟方志功氏の賛画が掲載されている)▼目次 ただ一度だけ、お目にかかった先輩のことを書き記しておこうと思う。 鈴木善一(ぜんいち)先生。 国士舘高等部(T8.11.開設)出…

酒と肴_新横浜の"昭和"漂うあじわい横丁「まぐろや」&「江戸銀」で一献!

▼新横浜駅から0分あじわい横丁「まぐろや」 ▼横丁一番奥の「江戸銀」 漸く、横浜でも時間制限付き(90分)、人数制限付き(4人)で飲食店のアルコールが解禁されたので、昨日(R3.7.6)、この3月国士舘を引退した伊井兄(空手道部)と久しぶりの4時から飲み…

国士舘大学「言道部」で鍛えられた日々_弁論大会・全国遊説・選挙応援 etc.

中・高・大とかなりの精力をクラブ活動に投入してきた。そこでは、正課では学び得ない多くのものを学んだように思う。 まず、六中(横浜市立六角橋中学校)時代。 入学時、比較的運動量の少ないと思われた卓球部を選んだつもりであったが、完全な思い違いで…

追悼!_柴田徳文先生を偲ぶ

▼円覚寺 黄梅院(R3.6.18撮影) 過日(R3.4.11)、国士舘舘長柴田徳文先生(S44卒・政経5期)の告別式に参列した。 訃報はいつも突然にやってきて打ちのめされる。 まさに、"創立の精神を護持し、本学を表徴"(「国士舘寄附行為」)される柴田徳文舘長がご逝…

富士山2_国士舘大学応援団 富士山頂にて舘歌斉唱!

inkyoclub.hatenablog.com ▼H17.8.3_富士山頂 浅間大社奥宮 久須志神社前にて 前列左より小生、小倉先生、曹さん、大西先生(富士登山歴34回) 山開きが近づいてきた。 前に書いたが、小生現役時、縁あって国士舘大学の課外活動クラブである「応援団」の顧問…

日本海海戦(M38/5.27-28)の日に戦艦「三笠」を訪ねて

R1.5.27_三笠公園&戦艦「三笠」 初めて三笠公園(横須賀市)を訪ねたのは退職した年(H30)である。 日本海海戦を戦い、バルチック艦隊を完膚なきまでに撃破した連合艦隊の旗艦であった戦艦三笠を一度も見ていないことに心残りがあった。 元々、海(船)が…

国士舘大学「望嶽寮」における修行の日々を顧みて

町田キャンパス正門(旧南門)/寮全景(正面がA棟)/寮食堂(昔の面影はない) 今日も鶴川へ行ってきた。 散髪は、国士舘大学町田キャンパス(鶴川校舎)の厚生施設を利用している。近くの理髪店へ行けば良いではないかと思われるかもしれないが、馴染ん…

5月15日に寄せて_私の上司・池松武志先生と五・一五事件

S52_池松先生(左から2人目)を囲んで学生部鶴川分室の面々/S52_池松先生と小生 小生は、昭和52年3月、国士舘大学を卒業し、同年4月から職員として母校に職を奉じた。配属先は鶴川校舎(現「町田キャンパス」)の学生部鶴川分室、所属長は池松武志先生(故人…

酒&肴_町田の老舗「柿島屋」で桜肉を食す

昨日、今年国士舘を定年退職した元同僚の伊井兄と、久しぶりに町田「柿島屋」(かきじまや)を訪ね、四時から飲みをやった。 柿島屋といえば町田一の老舗。まだ横浜線も小田急線も開通していない、現在同店で提供されているキリンビールもまだ販売されていな…