隠居歳時記

もう隠居? 否、自分流の隠居道を探求中!

国士舘OB列伝_応援団長宇田川久雄君! 安らかに眠れ!

 まずは上の写真をご覧いただこう。
 以前、本ブログの別稿(リンク参照)に掲載した写真である。
 昭和61(1986)年3月、国士舘皇居勤労奉仕はじめ各奉仕団が、皇居宮殿北車寄(きたくるまよせ)にて、天皇陛下(「昭和天皇」)の御私謁を賜った場面である。手前が国士舘の面々。そして、後列左端のひときわ大柄な男子が当時の国士舘大学応援団団長宇田川久雄君である。

 その彼が令和4年10月16日明け方、闘病の末、身罷った。
 膵臓癌だと聞いた。
 61歳の人生であった。

 残念なことだが、我々の世代は葬儀が同窓会となる。
 彼の義理人情に篤く、男気に溢れる人柄が表すとおり、先輩、同期、後輩達が君に別れを告げるために全国から集まった。柩に納められた君は闘病のせいか大分痩せてはいたが、生前と変わらぬ精悍な顔つきで静かに眠っているようであった。

 応援団はしきたりで団旗(応援団旗)を掲げ、故人を送り出すこととしている。
 剣先を黒色の布袋で蔽い、半旗状にポールに結ばれた団旗が、平成の初期から応援団の再建(公認申請「愛好会」から「部」への昇格)を担ったOB等により掲げられた。平成年間、彼らは、当時学外OBであった宇田川君の熱血の薫陶を受けていた。

 頃合いを見計らって、掲げられたポールを地面と水平の位置までゆっくりと降ろすのである。しかる後、再び直立させる。

 応援団の栄誉礼である。

 宇田川久雄君、団旗のもとに君を彼岸へ送る。

 君のご冥福を心から祈っている。

 安らかに眠ってくれ。

 

 (国士舘大学応援団元部長・監督)

 

▼宇田川久雄君葬儀(R4.10.21/葛飾東立石セレモニーホール橋本)

 

 

 

inkyoclub.hatenablog.com