隠居歳時記

もう隠居? 否、自分流の隠居道を探求中!

押入に眠っていたビジネスバック復活!


 現役時よりビジネスバック)を愛用してきた。

 現在もショルダーバックを日常使いしている。

 なんで?と思われるかもしれないが、家の中で部屋を移動する時、このバックも一緒に移動する。何時もバックが手元にあるのだ。

 何が入っているのかと言えば、スマホ、手帳、筆記具、メガネ、Kindleコンデジ等々である。いずれも身近に置いておきたい物ばかりなのだが、現役時から衣類のポケットには何も入れず、何でも鞄に詰め込み、更に、仕事に関わる書類なども大量に持ち歩いていた。

 そう言えば昔(若い人は知らないだろうが)、一冊の手帳を取り出して「だいたいやねぇ」の口癖から始まって「私なんかこれだけ!」という竹村健一氏のCMがあった。

 「資料を持ち過ぎの奴(イコール)仕事ができない奴が竹村氏の持論であったようで、CMが流行った頃はかなり共感して、口癖まで真似して、手帳一冊(「成文堂」手帳)で仕事をしていた若い頃があったが、晩年というか中間管理職になると持ち物も増え、ビジネスバックの中には常に書類が入っているようになった。

 ところで、
 鞄と言うとこだわる人がいるようで、小生もその一人かもしれない。

 中島鞄土屋鞄吉田鞄とお気に入りの鞄屋があり、買いもしないのにショップの近くを通りかかると鞄を見て行く。

 用途に応じて色々なバックを使い分けてきたが、今それらのほとんどは押入の中にあり、いずれ処分しなければならない時が来るのかもしれない。

 ところが先日、既にご用済みとなって眠っていたはずのビジネスバックの一つ(写真)を引っ張り出すことになった。吉田鞄(「ポーター」のブランドで有名)だ。もう使うことはないと思っていたが、現在関わっている町内会の「仕事」の関係上、使わざるを得ないことになってしまったのだ。

長年愛用したビジネスバック


 仕事とは主に会計である。
 書類、ノートパソコン、時に自分のお金ではない現金を持ち歩くこともある。

 役目を終えたと思って静かに眠っていたビジネスバックは何事かと思っているかもしれないが、まぁ主が、もう一度出番を与えてやろうと言っているのだから、ここは主の役に立ってもらうしかない…。

 引っ張り出してきたはいいのだが、引退後、押入にしまい込んでいたので忘れていたが、ショルダーベルトと鞄を結合する箇所に綻びを発見した。長年使い込んできたので経年劣化したのであろうが、ここはもう暫く小生に付き合って貰わなければならないので修繕してあげることにした。

 以前一度だけ利用したことのある鞄・靴の修理屋さん(写真)が思い浮かんだ。ネットでは丁寧な仕事で評価が高く、それは前回利用したときに証明されている。

 そして本日、きれいに修繕された鞄を受け取った。

 マスターに聞けば必要な部位の縫製をすべて解き、補強しながら再度縫い直すのだそうだ。今回も、もう充分使い込んだヨレヨレの鞄の修理に対応して頂き、そして復活させてしまう職人の技に感じ入っている。

「靴専科」横浜反町支店


 明日の土曜日は町内会の打合せがあり、早速出番がやってきた。
 鞄に書類とパソコンを詰め込む。

 この仕事、無報酬のボランティア活動で定年があるような無いような…。

 周囲を見渡せば、小生などはまだ現役に近い世代として、第二の人生のなかでも若手?中堅どころ?の範疇にあるようである…。
 人生百年時代というが、果たしていつまで頑張れるか?

 でも…
 前回の投稿もそうであったように、
 町内会のことを書くと結論は何時も同じになってしまうのだが、
 現在取り組んでいるライフワーク両立する範囲で、前向きに、地元への恩返しと思って、出来ることを出来るときまで一所懸命(いっしょけんめい)やろうと思っている。

 『 随処作主 

 「随処に主と作(な)る」と読む。
 臨済宗の教えのようであるが、かつての上司、伴徳智加先生(リンクの稿で少しふれた)から贈られた言の葉を思い出している。

随処に主と作る」(伴先生の筆による

 

 


inkyoclub.hatenablog.com