隠居歳時記

もう隠居? 否、自分流の隠居道を探求中!

親父殿の七回忌法要を終え、浅草で古き先輩と旧交を温める!

菩提寺「専心寺」本堂

 令和6年2月11日(日)
 建国記念の日
 菩提寺で親父殿の七回忌法要を行った。

 遡ってちょうど1ヶ月前、後輩から、やはりこの日11日に会合(OB会)を予定したいとの打診があった。同日に二件の予定をセットすることは避けたいところであったが、主賓が柴田正徳(まさのり)先輩(以下、正徳先輩)と聞き、時間的・場所的に移動が可能であれば参加する旨を伝えた。

 午前11時、菩提寺にて七回忌法要をしめやかに営み、墓前に花を手向け静かに手を合わせた。因みに、ここ専心寺(港区白金)は江戸初期の創建で、徳川三代将軍家光が鷹狩りの途中に立ち寄ったという由緒のある寺院である。

 ここには、遠いご先祖様や親父の亡くなる1年前に旅立ったお袋も、弟(国士舘高大OB)の上さん(国士舘OG)も眠っている。昨年、一昨年とそれぞれの七回忌を、そして今年親父の七回忌を終えて、年を重ねながら供養と年忌法要を重ねていくことの意義をしみじみと噛みしめている。

 帰り際、前住職及び現若住職と再度挨拶を交わし、目黒通りから第三京浜経由で一路横浜へ取って返した。いつも墓参の帰りに必ず立ち寄る新横浜のうなぎ屋「大黒屋」で、いつものオーダーをこの日はテイクアウトして、自宅で身内だけの会食を行った。

 食休みの後、頃合いを見て次の会合が行われる浅草へ向かった。
 新幹線、JR、銀座線と乗り継いで浅草駅を降りると雷門は人でごった返していた。待ち合わせの時間に少し遅れたので、直接、会合の店へ向かった。

 既に小生以外のメンバーは揃っていて、座の中心の正徳先輩と一別以来の挨拶を交わした。以前会ったのはハッキリと覚えていないくらい前のことだ。おそらく十年くらい前だろうか?

正徳先輩(右)と小生

 柴田正徳(しばたまさのり)先輩。
 祖父は国士舘創立者柴田徳次郎先生。
 親父殿は伝説の不動丸氏。

 正徳先輩と小生は五十年の付き合いになるが、初めて会ったのは小生が国士舘大学へ入学した頃のことである。当時、小生は望岳寮で修行する国士舘ヒエラルキーのボトムに位置する一年坊主であったが、求めて国士舘関係の人士に会っていた。その中には今日まで交流の続く方、或いは間違いなく小生の人生を左右するような影響を受けた強烈な個性の諸先輩も複数おられるが、その内の一人が正徳先輩なのである。

 初めて正徳先輩に出会ったのは昭和48年、正に国士舘48年騒動の真っ只中。次にお会いしたのが昭和58年、国士舘58年騒動のさなかであった。

 どういうわけか母校国士舘に大きな出来事がある節目節目で、先輩にお会いしているのである。それぞれの詳細についてはここでは書かないが(とうてい書き尽くせない! 小生が鬼籍に入るまでの課題としておく!)、後者の事案が収束した後、正徳先輩からちょっと神輿でも担いで国士舘の意気を示さないか! もう少し有り体に言うと、あまりに尋常ではない数年間を過ごしたので、騒動の憂(う)さを晴らさないか(禊ぎをしないか)、との誘いだったように思う。

 この誘いを受け、神輿会「士祭会」を結成した。
 会長は小生。
 いつも貧乏くじを引いている(本音)。
 構成員は全員が国士舘関係者(職員・OB及び学生他)。

 後に、会のリーダーたちが大学の中堅どころとして業務多忙となり、士祭会の対外的活動も縮小していくが、約十数年間にわたり、学内はもとより、都内各所において活発に活動を展開していくことになるのである。



 さて、節目節目に正徳先輩と出会っていると書いたが、そうすると、今般の出会いの意味は何か?
 実は、再び大きな課題を投げかけられたようである。

 それは士祭会に関わることであるが、いずれ詳しく書くことになるかもしれない。

 

 

新横浜キュービックプラザに有隣堂&併設カフェOPEN!



 昨年12月、新横浜駅キュービックプラザ8階に有隣堂が開店した。
 それまで同フロアーを占めていた三省堂が撤退し、小生の数少ない趣味の一つである立ち読みのフィールドが一つ消滅してしまうではないかと思っていたら、有隣堂が参入してきた。取り敢えずホッとしている。

 昔から横浜で本屋と言えば有隣堂で、小さい頃から馴染みは深い。
 しかもうれしいことに、ホームページには四つの特色などと説明されているが、椅子が所々に配置されていることだ。以前の三省堂も椅子を置いたり、撤去したりと試行錯誤していたようだが(最後は撤去した)、椅子は占有する人が出てくるので営業する側からすると良し悪しであるとは思う。

 が、小生は椅子は置いた方が良いと考える派である。今の年齢から来るところもあるが、本屋さんが、立ち読み+α の時間を過ごせる空間であって欲しいと願うところが大きい。

 その意味において、今日は書店内に併設されたストーリーカフェStory Cafe)のことを紹介したい。本屋にカフェとは珍しいが、横浜市内では2店舗目とのことである。

 ちょうど昼時で軽く腹に入れようかと注文カウンターに行くと、何と生ビールがあるではないか。真っ昼間、本屋でビールとは不謹慎なような気もするが、自由人には関係ない。ビールとホットサンドを注文し、カウンター席へ。しばらくKindle読書を楽しんだ。

 ここには、テーブル席あり、コンセントを備えた「個室」仕様の一人席あり、複数でも個人でも利用しやすい環境だ。

 本屋は小生にとって、いわゆる一つの居場所なのだが、新しく誕生した新横有隣堂横浜有隣堂と趣を異にして、ゆったりと気兼ねなく時間が過ごせるようだ。これから大いに利用させて貰おうと思っているところである。

 

有隣堂に併設されたStory Cafe

 

 

 

inkyoclub.hatenablog.com

年賀状じまい(終活年賀状)のこと!



 早1月も下旬に入ったが "このこと" について書いておこう。

 今年も多くの方と年賀状の遣り取りをしたが、ここ数年、「年賀状じまい」のご連絡を毎年頂戴している。

 ことに今年は、ご年配者のみならず、同輩や後輩から筆じまいの文言がつづられた年賀状を多数いただき、小生の年代も人生の節目を考える時が来たのかと改めて実感している。

 考えてみれば昨年は、学生時代から親しく付きあってきた同級生二人(両人とも元望嶽寮生である)の訃報が届いた。闘病している者もいる。

 まだまだ若いと思ってはいるが、今年は古希を迎える。
 男性の平均寿命81.05歳(R4)まで、あと十年とちょっと。まして、戦後の飽食の時代に生きた我々世代は平均寿命を押し下げている世代で、いつ何時何があるかわからないということか。

 年賀状じまいはまだまだ先のことだと思っていたが、同輩や後輩からの通知は、小生も "このこと" について真剣に考えてみようという切っ掛けを与えてくれた。

 SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)の時代。
 情報は何時でも発信できるし、小生もブログ上で新年の挨拶を発信している。

 ただ、SNSと無縁の方も結構おられる。
 デジタルとアナログの折衷を心がけてきたが、時代は確実にデジタル社会へ向かっている。ここはじっくりと思案し自分なりの結論を導き出してみたいと考えているところだ。

 

 

inkyoclub.hatenablog.com

 

 

卓球再開!

町田市薬師卓球場にて

 昨年の暮れから卓球を再開した。

 国士舘職員時代の一時期、卓球同好会の相田監督と週1ぐらいで打ち合っていたので、およそ20数年振りぐらいになろうか。練習相手は大学では空手道部(松濤館)だが、中学時代卓球部の伊井氏。

 運動不足解消と趣味の領域を広げるためだが、小生、中高と6年間卓球部で中学時はかなり入れ込んでいた。その当時、卓球は趣味ではなく「命」だった。中学3年時、横浜市大会ダブルスで優勝したこともあり、何処の高校で卓球をするかで進学先を決めたことは、以前どこかの稿で書いた。

 年相応に楽しむ卓球を心がけたいが、入れ込むと勝負にこだわる。
 が、今は取り敢えずボールに慣れ、勘を取り戻すことと、だいぶルールが変わってしまったので、新ルールに対応することに留意している。

 特にサーブ時、ボールを16㎝以上投げ上げなければならないのだが、この程度のことができない。近所の体育館でサーブの一人練習をしていると、確実に自分より年配と思われる同好者から「16センチ以上、上げなきゃダメだよ!」と指導される始末だ。

 先日、ラバーも新調し、練習球も10個購入した。
 昔使っていたラバー(バタフライ「テンペスト」)が既になく、何を購入したら良いか迷っていたところ、店主(卓球専門店)のアドバイスでやはりバタフライの「ロゼナ」というラバーを購入した。詳しい方は、小生がドライブマンであることがわかると思う。
 今は、ラバーになれることを心がけている。

 当面の目標は3㌔減量。
 練習の翌日は筋肉痛と特に下半身の関節がガタガタになる。

 このペースで行けば目標も達成できそうだが、やっかいなのは練習後のビールが美味いことで、このことがネックになっている。

 

マシン練習
 自動的に玉が繰り出されてくる。玉に慣れるための練習だが結構な運動量になる。30分もやると本番の練習に差し支えるほどだ。

 

 

 

inkyoclub.hatenablog.com

 

 

「年頭に思うこと」に少し補足!


 手元に昭和48年度の国士舘大学法学部便覧がある。小生の入学時に配付されたものだ。

 先日投稿した「年頭に思うこと」(令和6年1月2日)の中で、大学1・2年次に履修した「日本史」のことについて触れた。小生の記憶を確かめるために本棚の片隅に眠っていた古い便覧を引っ張り出したのだが、やはり、記憶どおり日本史は必修科目だった。

 ただし、注意書きの欄に「日本史は学内必修とする」とある。学内必修!? 今から考えるとちょっと意味不明だが、この科目は履修しなさい、という推奨科目だったように記憶している。

 その理由は、一般教養科目として配当されていた片山巍先生の「日本史」が、いわゆる戦後教育の主流となってきた日本史ではなく、先生のご専門でもある水戸学、すなわち明治維新の思想的原動力ともなった尊皇思想を基調とする科目で、日本の歴史・伝統・文化を学ぶとする国士舘の教育に整合したことによるものと思う(個人の見解)。つまり我々の世代は、正課(一般教養)の中で「建学精神」を学んできたのである。

 もう一科目、「倫理学」という科目を履修した。
 これも必修だったかな?と思って便覧を確認したがそうではなかった。ただ、小生の記憶では、人文科学系科目の履修要件(3科目)として「日本史」と「倫理学」は推奨科目ではなかったか、という記憶がある。

 倫理学の講師は渡辺寿伝治(わたなべすてはる)先生。テキストは和辻哲郎『人間の学としての倫理学』岩波全書であった。

 当時、倫理学であるとか哲学などという分野は小生にとってほとんど未知の世界であり、この年になってなお、その世界をのぞいたとも言えないレベルであるが、渡辺寿伝治先生の熱を帯びた講義(エビソードを一つ。答案は一言〔ひとこと〕で解答できれば理想である、という趣旨のことを言われていた。的を射ていれば100点、間違っていれば0点!)と和辻哲郎が日本的な思想(和)と西洋哲学(洋)の融合を目指したという一点から、和辻哲郎全集全20巻(写真)を買い込んでその学問・思想に触れてみようと試みた。全く物になっていないが、「風土」(ふうど)や「古寺巡礼」(こじじゅんれい)などを興味深く読んだ。

 さて、ここ(補足)で何を言わんとしたか。
 先に書いたが、「建学精神」のことである。

 何処の私学も建学精神を有しているが、それをどの様に今日的に教授するか。渡辺寿伝治先生に倣って一言で結論を言えば、先にも書いたが「正課として教授すべし!」となる。

 母校では、国士舘史資料室において校史の編纂研究が盛んに行われているようだ。良い意味でも悪い意味でも我が校のライバルであった拓大の友人が自慢げに言っていたことを思い出す。我が拓大は、校友(OB・OG)が近代史において何を為したかを授業(正課)の中で教えていると。そう、校史教育だ。

 一言も反論できない。
 否、正解である。
 願わくば、我が母校にもそれを期待したい。


我が蔵書 和辻哲郎全集



神奈川区消防出初式にて迫真の消防総合演技を観覧!

神奈川区消防出初式(1.6/反町公園

 1月6日、反町公園神奈川区)において、コロナ禍により開催が見合わされていた神奈川区消防出初式が4年振りに開催された。冒頭、能登半島地震の犠牲者に黙祷が捧げられた。
 この催しの中で、我が神大寺北町自治会の地域における防災への取り組みが評価され、神奈川消防署長賞を受賞することとなり、会長の露払いとホームページ用の写真撮影のため、小生も出席させていただいた。

 出初式というと、よくテレビで放映される消防車からの一斉放水をイメージされると思うが、その前に実施された「消防総合演技」がすごかった!

 以前何度か、自衛隊富士総合火力演習を観覧したことがあり、演習の中で戦車から放たれる実弾射撃により空気が振動する迫力は感じたことがあるが、富士の裾野と反町公園の規模の違いはあれど消防総合演技も非常に緊迫感のある模擬演習であった。

 まず効果音(演出)がすごい。
 反町公園はかなり広い公園だが、公園中に響き渡る重低音を効かせたテンポの速い音楽がガンガンとウーハーから鳴り響き、その中で演習が展開されていく。

 車両同士の衝突事故を想定して、119番通報の被害者と救急センターとの遣り取りから演技が始まるのだが、被害者の救出、救急搬送、火災を起こした車両の消火までの一連の流れが消防車、救急車を動かしながら目の前で展開されていく。

 特に救出のシーンであるが、ガラス対応のハンマーで事故車の窓ガラスを破砕し、ロックを解除、被害者を救出する。もう一方の車両もフロントガラスを大きなハンマーでガンガン粉砕し、電動ノコで車両のフロントピラーを切断、次にセンターピラーを切断し、ルーフを取り外す。同じく被害者を救出。

 すごい迫力!
 拍手喝采である。
 神奈川消防、ここまでやるかという感じであった。
 (写真は以下のとおり)

 能登半島地震については痛ましい限りだが、崇高な職務に邁進される消防に携わる全ての方々に感謝しつつ稿を閉じることとする。

反町公園神奈川区

右手が二台の事故車両

事故車の窓ガラスを破砕

もう一方の事故車のピラーを切断

ルーフを取り外し事故車から被害者を救出

火災を起こした事故車の消火

恒例の一斉放水





迎春_年頭に思うこと

(多難な年明けとなりましたが…)
新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

富士遠望(1月1日/片倉町高台より)


 令和6年元日
 朝からお天気アプリを見ながら雲の具合を気にしていたが、風が雲を吹き飛ばしてくれたようで、地元の富士見スポットから富士山がよく見えた。

 近隣に富士見スポットを三ヶ所設定しているが、一ヶ所は住宅が建ってしまい残る二ヶ所を自転車で回ってその雄姿を写真におさめた。

 一富士二鷹三茄子
 日本人はおそらく皆、シィンプルに富士山が好きなのだと思うが、母校国士舘の館旗(校旗)が富士と旭をあしらったものであり、また大学一年時、一般教養の日本史(「水戸学」/片山 巍先生「日本史をどう観るべきか」成文堂)の授業で学んだ藤田東湖の「* 正気(せいき)の歌」の一節(* 以下)が、はっきりと記憶の中に刻まれていることから、以来、小生にとって富士は特別なものである。

* 天地正大氣(てんちせいだいのき)
  粹然鍾神州(すいぜんとしてしんしゅうにあつまる)
  秀爲不二嶽(ひいでてふじのがくをなす)
  巍巍聳千秋(ぎぎせんしゅうにそびゆ)

 その富士山だが、実は登ってみると瓦礫の山(静岡生まれの親父がそう言っていた。刷り込みもあったが、小生の初めての富士登山の印象でもある)で、"富士山は遠くから仰ぎ見る山で登る山ではない"という言説もわからないではない、と思うこともある。

 初めて富士山に登ったのは40代になった頃だったか。
 当時顧問をしていた応援団の富士登山合宿であったが、一合目(富士吉田口の"馬返し")から登り、"大砂走り"を御殿場口の五合目まで文字通り駈け降りてきた。体力の全てを使い果たし、その時は、もう二度と富士山には登らないだろうと思ったものだった。

 ところがである。
 どうしたことか、翌年の富士の山開きの頃になると体がウズウズしてきて、またあの頂(いただき)に立ちたいと思うようになってくるのである。不思議なものである。その様にして、12回、富士登山合宿に参加し、1回は大雨と落雷で途中で断念したが、11回の登頂を果たした。

 昨年、89歳の女性が登頂したとの記事をネットで見た。これまでの登頂最高齢者は101歳である。以前も何処かの稿で書いたが、年頭に当たり、もう一回登頂を果たしたいと、富士を遠望しながら(控えめに)思っているところである。

 

 

inkyoclub.hatenablog.com